" />

顔を小さくする方法とは

クリニックの利用

整形

顔が大きすぎることが悩みの種になっている人が案外たくさんいます。インターネットで検索すれば、自宅で行うことができる小顔ケアの方法を紹介したサイトがズラーッと出てきます。顔が大きいという悩みを抱えている人がそれだけ多いという何よりの証拠だと考えることができますが、セルフケアでは期待するほどの改善効果が得られない場合が多いです。また、小顔効果があることが謳われているフェイシャルエステを利用する人もいますが、施術直後には小顔になったことを実感することができたとしても、すぐに元の状態に戻ってしまうケースが大半です。なぜかというと、エステサロンで行なわれている小顔フェイシャルは、単に顔に溜まっている老廃物や水分の排出を促進させるだけの施術であることが多いためです。顔に溜まっている余分な水分や老廃物を排出させることができれば、顔の輪郭がスッキリとして小さく見えるようになります。しかし、顔の水分や老廃物が溜まってしまう原因そのものを取り除くわけではありませんので、それほど時間が経たないうちに元の状態に戻ってしまいます。そのような一時しのぎの施術ではなく、小顔効果を長く持続させることができる施術を受けたいと希望しているのであれば、美容外科クリニックへ行って小顔治療を受けるようにするのが一番です。美容外科クリニックでは、患者の状態に合わせた医学的治療が行なわれていますので、悩みを根本的に解決することができます。

治療方法

生まれつき、体に比べて頭蓋骨が大きめになっている人がたまにいます。障害と言うほどのレベルではなく、単なる個性の範疇に入るレベルであることが大半なのですが、顔だけがアンバランスに大きく見えてしまうため、悩んでしまう人が少なくありません。骨格の形状が原因で顔が大きくなってしまっている場合は、顎や顔の側面の部分の骨を削る手術を受けることによって、小顔になることができます。頭蓋骨の中には脳が入っていますので、上の部分の骨を削ることはできませんが、下部の骨を少し削るだけでも、顔全体の印象がガラッと変わります。骨を削る大掛かりな手術ですから不安を感じる人が多いですが、小顔治療の実績を豊富に有しているクリニックを選んで利用するようにすれば大丈夫です。ただし、術後数ヶ月間は、普通に物を食べたり喋ったりすることができなくなりますので、タイミングをよく考えた上で手術を受ける時期を決めるようにすることが大切です。ちなみに、骨格の形状自体に問題があるのではなく、顎を動かす筋肉が発達しすぎてエラが張っている人の場合は、エラの部分にボトックス注射を打つことによって小顔になることができます。治療効果に即効性はありませんが、とても自然な形で小顔になっていくことができます。